行政書士の勉強法とは

予備校は果たしてベストな勉強法なのか?

多分、予備校が最も合格の確率を高める勉強だと思っている方は多いと思います。
確かにそのことについて否定はしません。

 

予備校はリアルに講義が聞けますし、勉強する環境を作ってくれるので、
知識の理解も高くなります。

 

しかし、誤解しないでほしいのは、予備校で合格できる方は、通信でも合格できますし、その逆も然りです。
何が言いたいのかというと、結局は本人が自主的にどれだけ勉強できるのかが、合否をわけるのです。

 

誤解している方がいて、予備校に通学すれば、
それだけで勉強で合格できると思っています。
しかし、行政書士の試験はそんなにあまいものではありません。

 

予備校以上に自宅でも勉強しなければ、とても合格できる力は身に付かないのです。
予備校で教わる事は、その問題の解き方や知識の理解で、
その学んだことを実践できるようにするには、
予備校以外での学習が必要不可欠になります。
つまり、らくして合格できるという考えで、予備校を受講しても合格できないのです。
むしろ、通信よりも勉強時間が多くなると思います。

 

また、予備校とは違い、時間を拘束されますし、価格も高いので、
普通の会社員では難しいこともあります。
実際に、予備校を受講しても通学できない事は多々あり、結局通信を受講している方が多くいます。

 

しかし、時間とお金をかけてでも、確実に合格したいという心意気があるのなら、
予備校を受講しても良いと思います。
高いお金を使うので、なんとしても合格してやると言う、気持ちが強くなるはずです。

 

しかし、何度もいいますが、予備校を受講したから、確実に合格できるとか、
らくに合格できるとかはありません。
あくまでも、厳しい勉強に耐えられる方が合格のチャンスをつかめるのです。
そのことは絶対に忘れないで下さい。