行政書士の勉強法とは

行政書士は、通信が良いのか?

行政書士受験者の属性を考えれば、通信が最も有効な勉強法と言えます。
何故なら、ほとんどの方は仕事していて、時間がない中で勉強しなければいけないので、
短期間で効率良く、知識を吸収しなければいけないからです。

 

通信を受講すれば、挫折しないようにポイントを絞った学習が出来ますし、
講義も視聴できるので効率良く知識が身に付きます。(講義が付いていない通信もある)
その上わからないことは、質問に答えてくれます。
つまり、社会人にとって、ベストな環境を整えてくれるのです。

 

しかし、通信を受講しても合格できない受験者は沢山います。
何故なら、これは通信に限らず、全ての勉強に言えるのですが、どんなに良い環境があっても、
勉強すらしない人がほとんどだからです。
そして、そうした方は、本気で合格しようと思っていないので、勉強が苦痛になったり、
他の事が忙しくなったりしたら、すぐに諦めてしまうのです。

 

また、通信を受講したことに満足してしまい、
受講してから勝負だという認識にもかけています。

 

ですから、通信、もしくは予備校のようなところを利用する場合、
まずは、本当に行政書士になりたいのか、自分自身に問いかけて見て下さい。
何となく、教育機関を受講するだけでは、お金の無駄になります。

 

また、当たり前ではありますが、受講しただけでは行政書士に合格できません。
ただ独学に比べると有利に勉強できるだけです。

 

行政書士の通信は、あくまでも本気で試験に合格したい方だけの力になる勉強です。