行政書士の勉強法とは

独学で勉強する方はどうなのか?

では、行政書士を独学で勉強する方は、どのようなケースが考えられるのか紹介していきます。

 

独学で勉強する方は、すでに行政書士試験を受験して、あと一歩のところで不合格になった方か、
すでに法律の知識があり、行政書士よりも上の国家資格を目指している方です。

 

まず行政書士をすべに受験している方で、合格まであと一歩の方は、基礎が出来ていて、
解法もある程度理解していると思うので、もう一度過去問を見直すか、
摸擬試験を受験して現状の弱点を把握するしかありません。
それは独学でも可能なので、通信や予備校を受験する必要はないと思います。

 

但し、それが何年も続くようなら、やはり通信や予備校を受講して見て下さい。

 

次に行政書士よりもレベルの高い資格を狙っている方は、もしくは合格した経験があるかたです。
例えば、司法書士とか、司法試験(合格者は、行政書士の有資格者となる)とか、
少しジャンルは違いますが、税理士とかです。

 

そうした方達は、どのように学習すれば合格できるのか自然と身に付いているので、
自分でどんどん先へ進んで行く事が出来ます。
つまり、知識があるない以前に学習能力が高いのです。

 

しかし、そうした方達でも、通信や予備校を受験する方もいるので、
知識や時間がない方が、独学で勉強して太刀打ちできません。

 

最後にもう一度言いますが、独学で勉強する方は、自分の今の知識量や学力、
生活環境をしっかりと考えてから、判断して下さい。
何故なら、独学で合格することは最も困難な勉強になるので、
何となく独学で勉強しても挫折してしまいます。
そこは忘れないで下さい。