行政書士の勉強法とは

行政書士の勉強法で本当に重要なこと

行政書士の勉強法といってもいくつかありますが、どの方法が良いかは人それぞれです。
何故なら、あなたが現在置かれている生活環境もありますし、知識量や学力もあります。

 

例えば、もし時間がたっぷりあり、お金もあるのなら、迷わず予備校をおすすめしますし、
時間がなくて、お金もあまり使えないのなら、通信をおすすめします。
ですから、ベストな勉強法と言うのは、その人によって異なるのです。

 

そして、そのベストな勉強法をしっかりと見極めらければいけません。
それが出来ていないので、行政書士に合格できない方が多いのです。

 

具体例を出すと、将来行政書士になりたいと思っているAさんという方がいます。
彼は、現在仕事をしていて、その会社は大変忙しく、夜の10時過ぎまで仕事をしていることがザラにあります。
また、これは学生時代決して成績優秀ではなく、むしろ下から数えた方が早いくらいです。
もちろん、法律の知識もありません。
そんな彼が選んで勉強法が独学でした。

 

少し考えてもらえばわかりますが、行政書士は難易度の高い試験で、
その辺の書店で教材を購入し、
合格できるほど、簡単ではありません。
2・3年勉強しても合格できない人はたくさんいます。

 

そのような試験にも関わらず、知識も時間もない彼が合格できはずはないのです。
現にそれ彼は合格どころか、途中で挫折してしまいました。

 

多分、行政書士に不合格になる典型的なパターンだということです。

 

しかし、誤解しないでほしいのは、独学がダメだとか、その彼がダメだとか言っているわけではなく、
ベストな選択をしていない事が問題なのです。
その彼が、独学という選択をしたのは、己のことや試験のことを理解していなかったからです。

 

ですから、皆さんも最適な選択ができるように自分自身と試験をまずは理解して下さい。
それがはじめに行なわなければいけないことです。



行政書士の学習も重要ですが、
資格の魅力も重要です。
特に行政書士の年収に関しては多くの方が興味があると思います。
そこで、下記のサイトで行政書士の年収を紹介しております。
是非、参考にして下さい。
⇒行政書士の年収っていくらくらい?